トルコ指標関係 全ての記事

本日トルコ政策金利発表

投稿日:

本日、トルコの政策金利発表があります。

fenioは思い切った中銀の行動は無いと決め付けておりますが、皆様はいかがでしょうか?

こういうときに思い切ったロングポジションを取れない人間は長期間のスワップを得ることは出来ないんだろうな~。とも思っております。

しかし、fenioはユーロ・リラでトルコリラ売りユーロ買いで望もうかと思っております。

一瞬トルコリラ買いが入り、その後織り込み済みでの反落パターンと、まっすぐ反落パターンを想定して注文を出そうとしております。久しぶりに大きくボラティリティがありそうな注目指標ですからね!楽しみです!

ここでトルコリラ売りをユーロに対して行う理由ですが、EUはなんだかんだ言って好景気です。現状なら来年はユーロが強い年になるだろうと勝手に決め付けております。なので、もし逆に動いたとしても勝手に安心して持ってられる(いずれ戻ることに自信がある)ので、対ユーロを選びました。

もちろん、情勢次第では戦略見直しを迫られることもありますが・・・。

トルコリラが下がった場合、対ドルで3.97付近に近づいたら一回そこで利益確定の予定です(勢い良く抜けて行ったら保有継続)。また、対ドルで4.00手前で抜けそうな気配(リラの戻りが鈍い状況)を感じたら再びリラを対ユーロで売るつもりです。指標発表後、そこまで下がらなかったらとりあえず保有継続で指標発表前後の高値にストップ入れます。

fenioはポジションをとる時はいつもこんな感じでいくつかシナリオを考えて、その中で選択し予め対応を決めて望みます。「臨機応変!!」とか言って痛い思いも沢山したのと、予め決めておかないと相場が逆に動いたときに変なポジションを取ったり、気がついたら大変なことになってた経験もあるのでポジションをとる時は慎重です。逆に利益を確定するときは比較的柔軟に判断します。悩んだ時点で1回利確して、また入れそうなら入れば良いと思っております。

-トルコ指標関係, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.