トルコニュース関係 トルコリラ市況関連 全ての記事

トルコとオランダ関係改善失敗

投稿日:







 

皆様、おはようございます!

ニューヨーク市場では、先週金曜日の雇用統計を受けてなのか、ダウ平均株価が一時1600ドル近い暴落をしました。ただ、リーマンショック後も利上げを開始する際に、同じようなことが有りましたが結局ダウは強さを取り戻しているのであくまで調整であると言う見方で良いかと思います。

本題ですが、トルコとオランダの関係悪化状態が長引きそうです。クーデター以来、EUとの関係悪化が著しいものがあったトルコですが、関係改善に勤しむ場面も最近見られました。もちろん、オランダとも同様で、両者数ヶ月の時間を設けて会談を行ってきました。しかし、この会談は不発に終わり、昨日、オランダの外相が会談失敗宣言を致しました。「最近の会談は、トルコとオランダにお互いに近づく機会を提供したが、正常化の進め方に同意することはできなかった」と声明で述べました。結果として、トルコとオランダは双方大使不在の状態が続くことになります。https://www.ft.com/content/c96a0e32-0a92-11e8-8eb7-42f857ea9f09

今日のトルコリラ円ですが、ニューヨーク市場での株価暴落を受けたクロス円の売りと一緒に下落し、一時28.7円付近まで売られました。下値の目処は、28.5~28.6円付近です。ここを下抜けた場合、史上最安値へトライする形になりそうです。上値は一目均衡表転換線が28.9~29えん付近にあり、一旦の目処になりそうです。その上は、ねじれに向かう雲への再トライで、29.3~29.5付近です。

-トルコニュース関係, トルコリラ市況関連, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.