トルコニュース関係 トルコリラ市況関連 全ての記事

トルコ軍と米軍、マンビジで直接対決のリスク高まる

投稿日:






 

皆様、こんにちは!

マンビジへの攻撃を示唆するエルドアン大統領ですが、マンビジでトルコ軍と米軍が直接対決するリスクが増してきているようです。https://ahvalnews.com/ahval-tv/manbij-extraordinarily-dangerous-and-volatile-turkey-expert-reynolds

この記事によると、米国のティラーソン国務長官はこういったリスクの回避の為に米軍を撤退させるのではなく、トルコに脅しをかける可能性があることが書かれています。皆様もご存知の通り、エルドアン大統領は脅されて引くような玉ではなく、むしろ過熱しそうなタイプです。この記事にある通り、エルドアンには友好的なメッセージが望ましい対応なのではないか?とfenioも思います。

昨日の金融市場ですが、fenioは散々でした。一昨日、ポンドを買って昨日の英中銀声明で暴騰するも、米国市場で再び売られ行って来い。利益は微々たるもの。トルコリラ円で珍しく買いで入れば即日ストップロス。唯一ドル円だけが、108.6で買いが刺さり、現在も保有中と言った感じです。日本では3連休を控えており、月曜日の朝が狙われやすそうなので本日中に一度ドル円を決済しようと思っています。トルコリラ円ですが、ドルリラが年初来高値(リラ安)に近づいており、ドル円も108.5付近が堅く、この辺りを守れるかどうかがリラ円史上最安値更新に関わってくるものと思います。やはりリスクは米国金利上昇によるリラ売り加速がメインリスクと株価下落によるクロス円の売りだと思います。ただ、米国債利回りも上昇しており、季節的要因と市場の急変動に対する動きが一巡すれば再びドル円、クロス円に買いが向かいそうな感じはします。

-トルコニュース関係, トルコリラ市況関連, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.