他通貨関連 全ての記事

日米首脳会談まとめ

投稿日:




皆様、おはようございます!本日は首脳会談があったのでまだ起きておりますw

二日間に渡って行われた安倍総理とトランプ大統領の首脳会談ですが、ざっくり色々な紙面を抜粋してまとめたいと思います。そう言えば、fenioが日米首脳会談はどうなる?で書いた展開だったかは知りませんが、結果的には的中で良いですかね?それでは以下にまとめて行きます。

 

ところが、拉致問題の話題ではトランプ氏は神妙な面持ちになり、最後にこう語った。 「拉致問題へのシンゾーの情熱はすごいな。貿易問題とは迫力が違う。長年執念を燃やし、決してあきらめない態度はビューティフルだ。シンゾーの情熱が自分にも乗り移ったよ。私も拉致被害者のご家族にもお会いしたんだ。最大限の努力をするよ!」ー産経新聞

安倍総理大臣「北朝鮮の核・ミサイル問題、そして日本にとって大切な拉致問題について積極的に話し合いたい。完全かつ検証可能で不可逆的な方法での核・ミサイルの廃棄に向けて認識を共有したい」

安倍総理大臣「アジア太平洋地域は世界経済をけん引する強力な成長センターだ。日米で力を合わせて日米両国の貿易と投資を拡大していきたい。そのためにも、21世紀にふさわしい、自由で公正な枠組みをアジア太平洋地域に日米で拡大させていくことが大切だ」

トランプ大統領「私は自由、公正、相互にという言葉が好きだ。相互に、というのは自動車を輸入するなら関税をかけるということだ」
トランプ大統領「われわれは巨額の対日赤字を抱えているので、できれば均等にしたい。比較的短期間で何がしかのことができると信じている。日本はすでに多数の飛行機、ジェット戦闘機と旅客機の購入を予約している。私は金融や経済の世界が大好きだ。おそらく最も得意としている分野であり、課題を解決できるだろう」

トランプ大統領「われわれは日本との間で巨額の貿易赤字を抱えているが、それを減らし、遠くない未来にバランスをとれることを望む」「日本は多くの戦闘機や旅客機を注文している」「私は自由で公正かつ互恵的と言うのが好きだ。われわれが自動車を日本に輸出する際には障壁を取り除かなければならない」

 

国内報道などだとこんな感じです。海外報道はまだ記事が出ていませんでした。気になったのは黄色マーカーの部分です。最初の貿易問題よりも拉致問題の方が情熱が凄いところでは、安倍首相が何を言ったのか気になりますね。ただ、安倍首相はあくまで「アジア太平洋」を強調しており、安易な妥協はしていない可能性もあります。対してトランプ大統領は「相互」を強調しており、2国間を匂わせております。会談全般的には、安倍首相の外交力や先見性の高さが伺える内容だったと思います。恐らく日本は7月付近まで時間を引っ張って、無理やりでもトランプ大統領をTPP11に引き込もうと言うのが本心なのではないでしょうか?そう考えれば、完全勝利と言える会談ではないでしょうか?良いカードを日本が持っている事は前回の記事でお伝えした通りでありましたが、求心力の落ちた安部政権にfenioは不安を感じておりました。国内で余計な問題さえ起こさなければ、安部政権ほど実力的に安定感ある政権はなかなか無いと思います。

-他通貨関連, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.