トルコニュース関係 全ての記事

トルコ中銀、リラ防衛アピールも物足りない可能性

投稿日:

皆様、こんばんは!

 

つい先ほど、トルコ中央銀行が「リラ支援のため流動性供給策を拡大」との報道がありました。これにより外貨預金入札規模を12.5億ドルから15億ドルへ引き上げへ、フォワード市場の入札で、ドル売り規模を53億ドルから71億ドルへ拡大する可能性が浮上し、トルコリラは一時的に買い戻されておりますが、恐らく物足りないと思われ長続きはしなさそうです。

 

過去にも20億ドルを超える入札を実施したこともありますが、ほとんど効果はなかったと言えます。ただ、今回は外貨入札による直接的なリラ防衛よりもトルコ中銀のリラ防衛に対する姿勢を見せる事に効果がある可能性もあります。ただ、今まで市場は嫌と言うほどトルコ政府による利上げ反対姿勢や、トルコ中央銀行の中途半端な姿勢を見せられていることから効果は一時的であり、一時凌ぎの策だと思われます。

-トルコニュース関係, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.