fenioの戯言 全ての記事

トルコリラ、下げ止まるのは「いつ」か?

投稿日:

皆様、おはようございます。

 

日々、売りに晒されているトルコリラですが、下げ止まるのは「いつ」なのか?少し考えてみました。ありとあらゆる通貨を推し量る指数が売られ過ぎを示すトルコリラですが、一向に下げ止まる気配を見せません。

トルコリラにおける、この「売られ過ぎ」と言う要素は、言い方を変えると単純に「売られる速度が速すぎた」だけで「元の価値に戻ることを指している訳ではない」と言うことには留意が必要です。

 

トルコリラの底値はどこか?と言うことに関してですが、経常収支の赤字が続く現状では底値なんて言うものは存在しません。「25円割れたから安い」、「20円割れたから安い」なんていう値頃感は存在するのかも知れませんが、トルコの政治経済情勢が変わらない限り「底値」ではないのです。

 

逆に言うとトルコの政治経済情勢が好転し、経常収支の黒字化、財政の黒字化、貿易収支の黒字化など目に見えて「トルコから出ていくよりも入ってくる外貨が多い」状況になれば、またはそれが目に見えて来ればそこが底値になる可能性はあります。

 

まだ、リーマンショック後の先進国よる金融緩和が世界に金余りをもたらした記憶が新しいうちは、アメリカ経済が利上げを止め、若しくは利下げに転じたときに再びリスク資産が活気を取り戻す可能性はあります。しかし、それは一時的な要因であり、底値である可能性は低いのです。

 

要するに底値は20円、15円、10円などのいくらなのか?ではなく、「いつ」トルコの政治経済情勢が安定するのか?で決まると言うことです。

 

-fenioの戯言, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.