トルコニュース関係 全ての記事

トルコ中銀、緊急会合全文

投稿日:

先程の緊急会合の全文です。

 

金融政策委員会の決定

参加委員

MuratÇetinkaya(知事)、ÖmerDuman、Erkan Kilimci、EmrahŞener、Murat Uysal。

金融政策委員会(委員会)は、短期金利を以下の水準に設定することを決めた。

a)翌日物金利:マージナル・ファンディング・レートは9.25%、借入レートは7.25%に維持されており、

b)1週間のレポ・レートは8%に維持されており、

c)流動性の遅い窓金利(午後4時〜午後5時):借入金利は0%、貸付金利は13.5%から16.5%に引き上げられています。

インフレとインフレ期待の現在の上昇した水準は引き続き価格行動にリスクをもたらす。したがって、委員会は価格安定を支える強力な金融引き締めを実施することを決定した。

中央銀行は、物価安定目標を追求して、すべての利用可能な商品を引き続き使用する予定である。インフレ見通しが大幅に改善されるまで、金融政策の緊密な立場は決定的に維持される。

新しいデータや情報があれば、委員会はその立場を改定する可能性があることを強調すべきである。

金融政策委員会会議の概要は、5営業日以内に発表される予定です。

-トルコニュース関係, 全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.