全ての記事

イラン制裁、トルコリラを直撃

投稿日:

皆様、おはようございます!(・∀・)

 

朝起きてビックリされた方も多いと思います。日本だと中東の報道も少ないのでfenioが現状をザックリとお伝え致します。

まず、事の発端は米国が「イラン制裁!!イランと付き合ってる企業や国も制裁対象な!( ・∀・)」ってところから始まります。

もう少し踏み込むと、アメリカ側はイランに対して新たな協議を行うように促しましたが、一度した約束を守らなかった米国を信じられるわけもなくイランは「アメリカさん、交渉には前提として信頼がないとアカンのや!(#゚Д゚)」と拒否。

 

EU側は、「我々はイランと経済活動を共にするEU域内企業を保護する!(・∀・)」と言ったものの、ドイツ銀行など大手金融機関や企業の一部は「アメリカ様の仰せのままにぃ~( ノ;_ _)ノ」と制裁へ加担する側へ回りました。

これによりイランはより一層苦しい状況に立たされることになります。もちろんトルコのエルドアン大統領は持ち前の「男気」を余すところなく発揮すると思います。

 

このような流れの中、トルコは自ら米国の制裁対象となるだろうとの懸念でここまで下がりました。

こうやってブログに書いて改めると、日本の外交ってのらりくらりと適当に交わしているように見えますが、それが如何に凄いことなのかが解りますね。

-全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.