全ての記事

トルコリラ、そろそろ注意が必要

投稿日:

皆様、おはようございます!(・∀・)

今週はトルコが休場と言うことも重なって、殆ど材料も出ることなく穏やかに終わりそうですが、そろそろ注意が必要な状況であると思います。

トランプ政権が、牧師解放に期限を設けていたと言う報道が有りましたが、トルコ側は解放しませんでした。エルドアンはトランプに解放の条件としてトルコ銀行への米制裁金の免除を打診もトランプは「何も譲らず解放」との一点張り。その後、解放後も制裁継続を示唆しましたが、昨日は一転「解放すればトルコの危機は瞬時に終わる」とボルトンが発言したと報道が有りました。

この報道に対し、エルドアンは「NATO内で米国が経済攻撃を仕掛けている事を暗に認めた発言」と応酬し、解決の糸口は見えないままです。

来週以降は、解放期限を設けていた事が判明し、それを守らなかった事での追加制裁へと注目が移っていく可能性が高いと思います。ロングを持っている方は、突発的なトランプ政権のアナウンスに注意が必要となりそうです。

-全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.