全ての記事

トルコ中銀金融政策決定会合全文

投稿日:

金融政策委員会の決定

参加委員

MuratÇetinkaya(知事)、ÖmerDuman、UğurNamıkKüçük、EmrahŞener、Murat Uysal、

AbdullahYavaş。

金融政策委員会(委員会)は、政策金利(1週間のレポオークションレート)を17.75%から24%に引き上げることを決定した。

最近発表されたデータは、経済活動におけるより重要なリバランストレンドを示しています。外需はその強さを維持し、内需の減速は加速する。

インフレ見通しに関する最近の動向は、物価安定に対する重大なリスクを指摘している。価格の上昇は、為替レートの動きを反映して、サブセクター間で一般化されたパターンを示している。価格行動の悪化は、国内需要の低迷にもかかわらず、引き続きインフレ見通しの上昇リスクを引き起こしている。したがって、委員会は価格安定を支援するために強い金融引き締めを実施することを決定した。

中央銀行は、物価安定目標を追求して、すべての利用可能な手段を引き続き使用する予定である。インフレ見通しが大幅に改善されるまで、金融政策の緊密な立場は決定的に維持される。インフレ期待、価格設定行動、最近の金融政策決定の遅れ、財政政策の再調整プロセスへの貢献、インフレに影響を及ぼすその他の要因を注意深く監視し、必要に応じて更なる金融引き締めを行う。

新しいデータや情報があれば、委員会はその立場を改定する可能性があることを強調すべきである。

金融政策委員会会議の概要は、5営業日以内に発表される予定です。

-全ての記事

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.