fenio流、投資塾!(一部改訂及び追記)

こんにちは!当サイトオーナーのfenioと申します!fenioはまだ30代ですが、10年以上の経験を持つベテランです。その経験を元に「FXで勝てない」と悩んでいる人へ簡単ではありますが、fenio流の勝つ為の秘訣をレクチャーしたいと思います。

 

~勝つ為の秘訣その1~

FXでギャンブルをするな!

まず、FXで勝つ為に1番大事な事、それは資産の管理です。たまに耳にしませんか?100万円が1年で数億円!!とか、元手を数十倍、数百倍にした!!とか。はっきり言いましょう、その方は強運の持ち主でそれは宝くじに当たったのと同じです。友人が宝くじで当たったと聞いて自分も買ってみたものの、なかなか当たらないのと同じです。しかし、FXはしっかり資産を管理して無理なく投資すればちゃんと結果が付いてきます。1年で100万円が数億円は無理でも、100万円を100数十万、数百万円にすることは可能です。それを数年、数十年と繰り返せば数億円も目指せます。あなたの健康と命が有る限り、市場に参加し続ける事は可能なのですから、無理せずに投資するスタイルを身に付ける事が大切です。fenioのおおよその目安として、例えば100万円持っていたら初期のエントリーは10,000通貨か多くても15,000通貨で良いと思います(相場のボラティリティにもよります。少ない分には問題ありません。)。

 

恐らく、1年で100万円を数億円にする人は、この取引量を数十万通貨、若しくは数百万通貨としている筈です。仮にあなたがIQ300の全人類の宝のような頭脳を持っていたとしても、これでは運無くしては勝てないのです。確かに過去には比較的ハイレバレッジで著名投資家の仲間入りをした人などもいますが、fenioから言わせれば昔だから出来たことで、現代のハイテクまみれの市場ではほぼ不可能です。それに、ハイテクまみれが故、マーケットノイズ(突発的な上げ下げ)も良く有ります。要するに「負けを許容する」事も必要になってくるわけです。その際に、証拠金100万円のうち1万通貨で数円分ロスしても損失は数万円ですので気持ちのリセットも簡単に出来ます。FXでなかなか勝てない方はまず、短期間で負けた分を取り戻そうとする事をやめて、長期的に回収することに目標を定めて一旦気持ちをリセットしましょう。

 

~勝つ為の秘訣その2~

チャンスを待てない人間にチャンスはない

これは至ってシンプルです。「見るも相場」を覚えましょう!!見るも相場と言うと、黙ってチャートを眺めているイメージの方も居ると思いますが、fenioは「チャンスをひたすら待つ」事だと思っています。なので、ここで刺さったらラッキーくらいの位置に注文を置いておく事も「見るも相場」だと思います。「早く稼ぎたい!ここで入らないで上がったら勿体無い」と、欲張りさんが待つことが出来ずに損をするパターンの典型なのですが、fenioから言わせれば逆です。fenioはスーパー欲張りさんだし元々損をすることが嫌いな性格なので、「もっと安く買いでエントリー出来ないかな?もっと高く売りでエントリー出来ないかな?」と考えます。その為には待つことも余裕で出来ます!!「早く稼ぎたい!!機会損失が勿体無い!!」と、言っているあなたは欲張りではなく、むしろ「気前が良く、金使いが荒い人」です。結構、家電を買うのに例えると解りやすいかもしれません。

 

家電って結構季節だったり、時折あるセールだったりで価格が変動しますよね?で、今ある物が古いから買い換えようかと思っている時、欲張りさんなfenioはまず1番安い時期やセールを調べます。そしてその時期やセールを待って安く買います。しかし、待てないあなたは「早く新しい家電が欲しい、買えば待ってる間も使える」と言って高値で買ってしまう人です。しかも、家電が無くて生活に支障が出る事があっても、ドルやユーロのポジションが無くて生活に支障が出る人っているんでしょうか?そう考えれば家電を安く買うよりも「待てる」はずです。FXではドルや円、ユーロやポンドなど様々な通貨がパソコンやスマホで簡単に売買できますが、手元にはなくともエントリーする時に確実に買っているという事を認識する事も大切です。

 

~勝つ為の秘訣その3~

取引スパンを伸ばし順張り、エントリーは分ける

取引スパンを延ばしてファンダメンタルズに沿った順張りにし、エントリーを数回に分けましょう。fenioは基本的にデイトレが多いですが、デイトレは経験や情報へのアクセスの早さなども重要になってくるため、すでに勝てない状況の人や、仕事の合間にFXをしている人には向きません。そして、FXは長期で見れば見るほどマーケットノイズが減り予測がしやすくなります。なので具体的なやり方として、慣れるまで日足のチャートよりも短い時間のチャートは見ないようにするのが良いと思います。エントリーも日足のチャート、損切りも日足のチャートを見て決めましょう。もう、そうしている方は週足にしてみましょう。スパンを延ばせば延ばすほど、ストップロスの位置も見据える利益確定の位置も広がるとは思いますが、これがマーケットノイズに対して効果を発揮してくるはずです。そして、ストップロスは余裕を持つこと。一度でエントリーせずにfenioの場合、ストップロスより手前の防衛ラインで追加のエントリーをすることが多いです。(そのまま利益が出たら出たでラッキーと思えば良い)。fenioが思うにスキャルピングは高等技術ですし、スキャルピングが出来る環境も必要です。今、勝てていない人がスキャルピングで安定して利益を上げるのは難しいと思います。一度、長期スパンで相場を見てはいかがでしょうか?

 

~勝つ為の秘訣その4~

頭は柔軟に、心は穏やかに

これが1番難しく、fenioもいつも心掛けている事です。時として、相場は間違える事があります。もしかしたら、今も大きく間違えているかも知れません。しかし、それでも相場は常に正しいのです。米国が利上げしているのになぜドル円が売られるのだろう?トルコリラは高金利だし、トルコは軍事力もある国なのになんで売られているんだろう?買う人にも売る人にも理由は色々有りますが、それが正しいかどうかは関係ありません。今、目の前にある相場が「白」と言えば白、「黒」と言えば黒なのです。それを見て自分の考えを翻す柔軟性と、許容する穏やかな心構えが必要なのです。とは言え、仙人ではないし仙人になりたい訳でもないし難しい事もあると思います。

 

fenioの場合、有料の動画配信サイトを愛用しています。fenioは特にデイトレやスイングが多いので、ストップロスが発動する機会も多く有ります。思っていたのとは逆に逆にと動いてしまうのに、エントリーしないで避ける事が出来ない時もあります。そういった時に、とりあえずネット配信の見ている途中の連続ドラマを見始めるか、ゲームをし始めます。そうすると、大体10分~15分後にはドラマやゲームに集中し始めて、1~3時間後くらいに「あっ!!そう言えば相場どうなってるんだろう?」と思い出し、いつの間にかスリープ状態になっているパソコンを動かし相場を確認します。すると、一度完全に意識を逸らしたからか、同じ相場なのに全く違う見え方がしたりします。調子が良い時はこんな事しなくてもバンバン切り替わって売りも買いもバシバシ利益取れたりするんですけどね!人間って面白いものです。もちろん、動画やゲームじゃなくて漫画を読んだり、料理をしたりでも良いと思います。

 

 

~勝つ為の秘訣その5~

金利の捉え方

 

このブログはトルコリラのブログなので、トルコや新興国など比較的金利が高い通貨についての考え方に限定して話します。トルコリラなど、高金利通貨のスワップを目的とした長期投資を好む投資家が「日本では」多いです。しかし、その投資に関する考え方は根本的に間違っている可能性があります。そもそも新興国などの通貨が高金利な理由について考えた事はありますか?そして、そのスワップの原資がどこから出てきているか考えた事はありますか?トルコは経常収支が赤字で財政収支も赤字のいわゆる双子の赤字を抱えている国です。要するに収入がマイナスなのです。そんなトルコがお金を借りようとすると当然返ってこないリスクが高い為、金利も高くなります。赤字の国からさらに高い金利を取っているのです。これがどういうことか解りますか?「金利を払った分だけトルコは破綻に近付いた」と言うことです。そうなればその通貨は金利を払った分に、さらに破綻に近付いた分がプラスされ下落すると思いませんか?要するに、トルコリラが高金利であればあるほど、高金利な状況が続けば続くほどにスワップ以上に損をする仕組みなのです。よく巷で言う「その通貨の価値は金利が織り込まれている価値である」って奴です。なので、トルコリラを1枚持って置けば1日100円、10年持てば365000円、少し下がっても金利が半分残れば良いかな!!なんて言う話はそもそも論理が破綻した話なのです。今の高金利を維持しないといけない状況が10年続けば、その365000円のスワップが全部残らないのに加えてさらに破綻が近づいた分マイナスになると言う考え方が正しいのではないでしょうか?では、トルコリラは絶対に下がるのか?と言う問題が出てきますが、それはノーです。経常赤字と財政赤字を解消し、優良な債務者になれば金利は日本のように下がるでしょう。もちろん、赤字じゃないと言うことは黒字なので通貨の価値も上がっていくと思われます。しかし、この場合は「スワップで利益を上げる」というよりも完全に差益ですよね。優良な債務者になり、金利が下がれば逆にスワップを払わなくてはいけなくなる可能性もあるのですから。そして、スワップ狙いは長期になればなるほどリスクを積み上げていく分不利と言うことです。

 

 

簡単では御座いましたが、fenio流の勝つ為の秘訣でした。慣れてきたらこれをベースに自分流に変えていけば良いと思います。そうそう、おまけですが、1つ勝率の高い指標があります。東テレや日経新聞が煽りだしたら逆張り!ですwww。もう、草生えまくりですね!相場経験が長い方はこの指標の信頼度の高さもご存知でしょう。これは、要するにマスコミなんかがはやし立てたらその相場はもう終わりに近いって事です。仮想通過が良い例でしょう。なので、トルコリラも「高金利で割安感が・・・」とかから、「トルコリラは売れば儲かる、リラ売りで億万長者が・・・」に変わってリラ売りブームが起こればそこは買い時なのかも知れませんねw。ちなみにfenioは仮想通貨のブログもやっていたのですが、唯一取ったポジションが200万円でのビットコイン空売りです(1ビットコインだけ、90万で利益確定済み)。その時、売りをブログで散々推奨したのですが、仮想通貨ブームの中、読者は減っていく一方でしたwww。(もう更新はしていませんがまだサイトは残っていると思います。)皆様もマスコミには注意しましょう!

 

 

更新日:

Copyright© トルコリラと一喜一憂 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.